スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--年--月--日 スポンサー広告 トラックバック:- コメント:-

ゼロから始めるGvGSE

ゼロから始めるSE講座一回目
初心者向けと称して、SEのポイントをまとめていこうかなと思います。まる


射程のお話
戦闘で一番最初に手を出すことになるのは長射程を持つ人

魔、SGが10+4+1で15セル、LoVが10+5+1で16セル
踊、スクリームが15セル、ASが15+1で16セル
弓、DSが15セル
※ROは15セルが相手読み込み範囲

超長距離射程を持つのはこの3職だけなんですね


この射程で撃ちあってっも仕方がないので、攻め側は前進します
相手SGを喰らいながらの進軍は無理があるのでLPを使います
そのLPを削るのにガンバン(岩盤)が使われます
岩盤はハイウィズのスキルで、射程は15+1の16セル 長いです

攻守のLP同士は近づき、戦闘はGvSEのメインレンジへシフトします
アシッドデモンストレーション(以下ADS)、ディスペル(以下Dis)、ソウルブレイカー(以下Sbr)等、10セルです
相手を指定する、ターゲットスキルはほとんどがこの10セルになります

ちなみに、騎士のスピアブーメラン(以下SpB)は12セル
長距離スキルと超長距離スキルの中間 ちょっと変わってますね


以上予備知識でした ここからが短いけど本番

では、SE初心者はどのように戦えばいいか
この10セル射程(長距離射程)を意識することです

10セル射程前後で展開し、こちらのスキルを相手に当てるまさにその時に10セル射程に入ります
超長距離スキルを持つキャラは、相手の10セル範囲外から積極的にこちらの最大射程を当てていけます。
雷鳥砂は、画面内にキャラが見えていればそこまでAS、DS、ジョークスクリームが通ります
Wizは地面指定範囲があるので、画面四隅は狙えませんが画面真横方向に見えている範囲には
SG、LoVや岩盤が届きます
この辺りポイントで、重要ですよ!


次回は10セル射程(長距離射程)の戦いからその後を書いていこうかなと思います


補足

実際の先陣は、早く行きついた限られたユニットで
防衛ラインから遊撃に出てきた相手をうまくいなす戦いになることが多いようです
その間に次々駆けつけたユニットで、深追いした相手を討てればGood

10セルラインですが
LKやパラは耐久力があり、この射程に一番に入っていくユニットです
実際には相手の布陣を把握するため深入りしたり、色々とあるようです

2009年06月24日 対人考察 トラックバック:0 コメント:0












管理者にだけ公開する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。